田舎の住宅街

田舎の中古物件なら格安です

中古物件

田舎の中古物件ならば、かなり安い価格で広い敷地の一戸建て住宅を購入することができます。とくに古民家物件でしたら、建物に資産価値はありませんので、土地の価格だけで購入することができます。
例えば、栃木県の人口数万人程度の自治体ならば、敷地が500平方メートルの中古物件を1500万円程度で購入することが可能だそうです。建物が古民家物件の場合は、さらに安い価格で購入することも可能と思います。
田舎の古民家物件の場合、明治時代に建築された物件が現存しているケースも珍しくありません。柱が太くて天井が高く、玄関には土間があります。
このような古民家物件の場合は、取り壊して新しく現代の住宅を建設するよりは、リノベーション工事を施して、外観は古民家住宅として住むのも良い選択肢です。何よりも柱が太いですから、大きな地震が発生しても家が倒壊する心配はありません。それに、天井がかなり高いですから、開放感を感じることができます。
ですが、古民家住宅ですから、冬のすきま風が寒い場合があります。このため、防寒のためのリノベーション工事は実施した方が良いと思われます。
生活していくための最低限の工事を施し、古民家物件で田舎暮らしを楽しむと気持ちも穏やかになると思いますよ。

ピックアップ

住宅管理会社だけでなく自治体も

役所

田舎暮らしをしようと思うと、まずはその地域の物件について、いろいろと考えて探していくと思うでしょう。しかし、田舎ではマンションやアパートなどの物件が少ない傾向にあり、賃貸物件を探そうと思うと、自分の希望するような条件の物件が見つからないこともあります。そこで、田舎物件の場合は、中古…

続きを読む

最新記事一覧