田舎の住宅街

不動産購入の前に現地を確認!

住宅確認!

不動産を購入するにあたって特に大切なことは、自分の目でその土地や建物を確認することです。
その土地に長く暮らすために購入する不動産ですから、「こんなはずではなかった」「もっと見ておけばよかった」などの後悔するわけにはいきません。安い買い物ではありませんし、購入後に移動させることができないので、しっかり訪問して検討しましょう。
そして、訪問するのは一回ではなく、何度も訪問して確認しましょう。もちろん同じ曜日の同じ時間帯ではなく、平日と休日、朝・昼・夜と時間帯を変更して訪問することが重要です。
なぜここまでする必要があるのかというと、時間帯や曜日によって人通りや雰囲気が全くことなることがあるからです。その土地に暮らすというのは、24時間その土地にいることになるので、休みの日には周辺道路が渋滞している、学校からの帰宅中で子供たちで歩道で溢れているなどといったことがあるのです。近所の住民の様子、スーパーや駅からの距離、公園の様子など、いろいろと確認することも多いはずです。
したがって、急いで購入する必要はありません。しっかりと自分の足や車、電車でなどの様々な交通手段を利用し、自分が訪問しやすい時間帯だけでなく、必ずいろいろな時間帯でその購入しようと思っている不動産を確認するのが、失敗しないコツです。

ピックアップ

住宅管理会社だけでなく自治体も

役所

田舎暮らしをしようと思うと、まずはその地域の物件について、いろいろと考えて探していくと思うでしょう。しかし、田舎ではマンションやアパートなどの物件が少ない傾向にあり、賃貸物件を探そうと思うと、自分の希望するような条件の物件が見つからないこともあります。そこで、田舎物件の場合は、中古…

続きを読む

最新記事一覧